PAGE TOP

Prologue

This was a day of all starting.

はじまりの日

 

・・・とある日のこと。

何となく目の前に割り箸と輪ゴムがあったので、すぐそばで遊んでいた我が子に 『はい。これ』と 子供の頃に少し遊んだ割り箸ゴム銃を思い出しながら 『たしかこんな感じだったかな・・・』と作って渡してやると大喜び!

 

予想以上の反応にコチラも嬉しくなり、 じゃー次はもう少し凝ったのを作ってみようと思い立ち、 インターネットを開いてみれば・・・

 

これがすべての はじまりの日 でした。

 

よろこばれる、よろこび

 

じつは私には子供が二人おります。

上の子は女の子で小学3年生、下の子は男の子で小学1年生です。(当時)

 

最初に作った割り箸ゴム銃は下の子にあげたんですが、上の子が、それいいな〜、私にも作って〜と、すぐに言ってきました。 へー女の子でもこういうの興味あるのかー 。ほぉほぉ。と思いつつ次の割り箸ゴム銃を作り手渡しました。 ただ単に同じモノを作ってもよかったのですが、作るたびに創意工夫が生まれてしまい、 自分の手から産まれてくる新しい作品は、どんどん進化しているのが手に取るように感じられました・・・。

 

その後も何度か、ゴム銃をねだられ、『はいどうぞ♪』を繰り返すうちに、ふと気が付けば、とてもワクワクしている自分の存在が確かにそこにあり、 割り箸鉄砲で少しだけ遊んだ子供の頃に、たどり着けなかった『未知の領域』を目指し、(ノコギリを手に)私は立ち上がると同時に、 すっかり子供に還っていたのでした。 

 

な、な、な、Σなんじゃーこりゃー

 

切ったり貼ったり削ったり自分なりに工夫して、 割り箸でゴム銃をいくつか作るうちに、 素材の限界・・・というものを感じ始めた私は、 インターネットで検索ワード『ゴム銃』と入力してみました。 すると、なんという事でしょう!!

 

な、な、な、Σなんじゃーこりゃー という・・・

 

私の想像など遥かに越えた素晴らしい作品が次々にヒットし、 子供の頃におもちゃ屋さんのガラスケースを覗き込んだ、あの日のような、 ワクワクする気持ちになっていました。

そこで見つけたすごいゴム銃というのは、 いわゆる『進化型ゴム銃』という物で、 連続で輪ゴムを発射できる革新的な機構を備え、見た目に美しく、ロマン溢れる芸術品。すごすぎ。

早速、お家にあった木の切れ端と、ノコギリと、 木ねじと、木工用ボンドと、その他いろいろを使って、見よう見まねでチャレンジしてみれば、 品質も見た目もネットで見つけたそれには全然及びませんが、完成した時のワクワク・ドキドキ感ときたら、もうっ!

 

思ったよりも簡単にできて、 作っている間の、のめりこむ感じ、 構造を考えている時の、集中する感じ、、、

楽しい時間というのは、 本当にあっと言う間に過ぎていきました。

 

やってみると、結構カンタン

 

子供の頃から何かと作るのが好きでした。

学校では工作が得意だったし、 大人になってからは趣味のバイクや車は、 自分でメンテナンスしているし、 お家がちょっと傷んだりしたら、 ホームセンターで材料や工具を揃えてきて、 自分でやったりする事もよくあります。

そんな日常を過ごしていた私にとっては、 自分でゴム銃を作り始める為の必要な道具や環境もが、 たまたまですが すでに整っていた事が最初のラッキーだったのかもしれません。

しかし、整備や大工や木工も、 専門に習ったり勉強した訳でもないので、 言ってみれば まったくの素人です。 そんなど素人の私でも、最初からそれなりに自己満足できる物を作る事ができました。

インターネットで調べていた時のどこかのページにも、 『簡単なのでぜひチャレンジしてみて下さい。』と書いてあったそれは、本当だったのだな。と、やってみて思ったのでした。

ゴム銃をはじめるきっかけとしては、

 

なんか いいなー

やってみたい

きっとうちの子、喜ぶぞ〜

 

そんな、ふわりとした気持ち、ひとつ!さえあれば、はじめてのゴム銃は、意外なほど、簡単にできてしまう。という事を、私が保証いたします。

 

ぜひチャレンジしてみて下さい。