PAGE TOP

Blog

Every day is a new day.

2015年1月28日

究極ゴム銃 Gショット を購入された方へ





タカラトミーからゴム銃が発売され、
ヤフオクではプレミア価格で取引されていたり、ネットではどこも売り切れ状態だったりと、
ゴム銃ブームの再来!すら予感させるセンセーショナルな華々しいデビューとなりました。


私たち日本ゴム銃射撃協会のメンバーでも、すごく話題になっています♪

ドラゴンをモチーフにしたカッコイイ外観に
赤のパワータイプと青のスナイプタイプがあり
それぞれの部品を組み合わせてアルティメット仕様にカスタマイズしたり
別売りのパーツを追加して自分だけのGショットを作ったり とっても楽しそう!

機能的にも凝った作りで
マガジンを素早く交換してセミオートマチックでの射撃ができたり
ただ輪ゴムを飛ばすだけじゃなくて、的に当てて遊ぶという
昔流行った割り箸ゴム銃にはなかった新しい要素に注目した点も高く評価されており
今現在、非常に売れているヒット商品であるというのも納得の新商品です。


日本ゴム銃射撃協会のメンバーもさっそく購入して お試しっしてみたそうです!!


が、しかし
この 究極ゴム銃 Gショット には大きな弱点が潜んでいる・・・
との報告が ネット上でもちらほらとささやかれ始めているのを みなさんはご存知でしょうか?

その弱点とは・・・・
青いのは 威力が弱すぎて、赤いのは銃身にゴムが当ってまともに狙えない
つまり、全然的に当る気がしない程度の性能 しかないという事なんです。

・・・・・ん〜残念。

ま、お子さんが楽しく遊ぶ為の玩具なので
色んな使われ方を想定すると 色んな制約事項があって
あえて威力を抑えた仕様になったんだろうとか
色んな しょうがない事情が あったんだろうなぁ。とは思う訳ですが、


ところで、そもそも 今年2015年における、
21世紀のゴム銃とは一体どんなものか? 
究極ゴム銃という名にふさわしい 本当のゴム銃とは?

というのを ちょっとご紹介したいと思います。








いかがです?
初めてご覧になる方はビックリされたのではないでしょうか?
私も、最初見た時は、ビックリして飛び上がりそうになりました。

このゴム銃は 2012年の世界チャンピオンZumA2さんが自分の為に作ったワンオフモデル

輪ゴムを的に当てるという機能に特化した競技専用の単発銃
しかも、グリーンのレーザー光線も出て・・・(笑)

こういうのを我々、日本ゴム銃射撃協会では
進化型ゴム銃と呼んでいる訳ですよ。

ちなみに、ZumA2さんの輪ゴムの装填のしかたにもご注目下さい。

輪ゴムを掛けるときに左右均等ではなく、片側を極端に張った状態、
通称『カタがけ』にすると威力がアップして、直進性が増して、射程が伸び、命中率が上がります。

もしかすると威力が弱すぎるGショットにも
この『カタがけ』は応用できるかもしれませんので、ぜひお試しを。

それから、それから、
弾(輪ゴム)がいっぱい撃てるモデルも多数制作されています。








これは回転翼を利用した、ハンドガンタイプのセミオートマチック。
これならちょっと手先が器用なお父さんや少年なら、
ホームセンターで木の板を買ってきて作れるんじゃないかと思います。

さっき紹介したのは単発銃でこっちは 連発銃。
一見、連発銃の方がカッコイイし命中性能に違いはなさそうですが、
動画を見ても分かる通り、結構、弾道にばらつきが出やすい特製があり競技には不向です。

これはゴム銃競技者としての個人的な意見ですが、
派手でウケの良いのは連発銃ですが、
撃って楽しいのは、狙い通りに飛ぶようによく調整された単発銃です。

次は、ライフル型のゴム銃でフルオート。機銃掃射をします。








き、気持ち良さそうでしょぅ!
さっきは連発銃の事をちょっと悪く言いましたが、25連発を一気にばらまくのも快感♡
これが究極の進化型ゴム銃ってやつなんですよ。


弾がいっぱい出ると言えば、もっとスゴいのがまだまだあって・・・・
日本ゴム銃射撃協会 大阪支部長 ホローさん作 『P503ドットデル』
504連発のガトリング銃だっ!!








という訳なんです。
時代は21世紀、ゴム銃は恐るべき進化をしているのが
何となくご理解頂けたかと思います。

もっと他のゴム銃を見てみたい方は
『ゴム銃』で検索♪してみて下さい。

飛び上がるほどのビックリ体験がきっと待っています。


そして最後に、日本ゴム銃射撃協会についてご説明させて頂きます。

入会資格は一切なし
※もしあるとすれば、ゴム銃を愛する心さえあれば、ゴム銃を持っていなくてもOKです!
入会金や年会費は全て無料 の非営利な任意団体。

全国各地の市町村ごとに支部があり
各地で公式競技会やイベントが多数開催されています。

現在の会員数は なんとっ 3000名以上。

入会すると、会員証が発行される 以外に
何かの案内が来たり、活動を強制されたりする事はありません。

お子さまからおじいちゃんまで それぞれのスタイルと温度で
自由に楽しめるのがゴム銃の魅力です。

今回、このページを見てくれたのも何かのご縁かと思います。

『作って、遊んで、語り合う』ゴム銃好きの愉快な仲間達が
みなさんのご入会を心よりお待ちしております。

→ 日本ゴム銃射撃協会のホームページは コチラ




 

投稿者 ぷち : 17:32 | 今日の出来事 |

いちばん上に戻る