PAGE TOP

Blog

Every day is a new day.

2015年3月18日

SCAR-G (Petit-Model No.22)





第22作目の新しいゴム銃が完成しました!

名称は SCAR-G
FN社の特殊部隊用戦闘ライフル「 SCAR 」をモチーフにした手作りのゴム銃。

SCARには、7.62mmNATO弾のH(ヘビー)、5.56mmNATO弾のL(ライト)が実在するが、
とある極東の地で極秘裏に開発されていた・・・

 - 第3のSCAR -

それがこの『 SCAR-G (ジー) 』
使用する弾薬は、安心・安全・健全な、オーバンド#16。
そう、頭文字のG(ジー)とは 『ゴム』の事である。


という架空の設定が開発コンセプトです☆

昔作った割り箸のゴムてっぽう。
大人になってまた作ってみたら結構楽しくて
次回作はもうちょっとスゴい物を・・・と繰り返すうちに
こんなんになっちゃいました!(テヘ)という1つの到達点♪

それでは紹介します! スカージー!

まずは外観から・・・








サンドカラーをベースにした迷彩風の塗装仕上げ。
全長93cm 総重量1.8kg ゴム銃としては大型のアサルトライフルです。
主材料はヒノキ、MDF、ナラ。塗装仕上げにすると一見何で作られているか分かりませんね。







このゴム銃は工具なしで各部品の脱着が可能。








銃身とフォアグリップは、鬼目ナットとボルトのネジ式
アッパーレシーバーとマガジンキャッチの接続は、ローラーキャッチというのを使いました。
ローラーキャッチというのは、キッチンの戸棚によく付いている、
扉が勝手に開かないように カチっとハマる アレです。

ストックと本体の接続も同じです。








なんと、手持ちのアルミアタッシュケースにきっちり収まります。








内部構造は、こんな感じになってます。
四角の回転翼を使った大容量25発のセミオート・フルオートを切換え式

詳しくは最後にこのゴム銃の動画でも紹介していますので、そちらをご覧下さい。

このゴム銃の内部機構は、写真、左上の伝説のゴム銃、
KEROKERO火器紹介さんの2012・0821短機関銃を参考に作らせて頂きました。
ありがとうございます!







制作費は約12,000円
その半分を使ってしまった光学機器を搭載。
ACOG TA31 タイプ の ダットサイト








電池が不要のすぐれ物で
上部の集光チューブから光を集めて赤のドットを投影する仕組み。








リアルさを演出するスイッチ類はダミー








ストックはVLTORっぽい感じで作ってみました。








カスタムチューンの基本、フォアグリップも装備








ロングなバレルの先端にはサプレッサー
何か出そうな穴がありますが、何も出ませんw



最後は、SCAR-Gを動画で紹介。

冒頭の制作風景から始まり、
外観、輪ゴム装填、内部構造の紹介。
最後はセミオート・フルオートを切換えながらの射撃を行います。








制作過程の日記はこちら!
http://petit-rbgun-arms.com/blog/archives/p22.html

最後までご視聴ありがとうございました。


名称:SCAR-G (Petit-Model No.22) 
装弾数:25発  発射方式:セミオート/フルオート 切換え式  
適合装弾:オーバンド #16  全長:930mm 銃身長:210mm 全高:255mm 
全幅:60mm 重量:1,822g   制作日数:12日  制作費用:約12,000円   

オプション:工具なしでの各部脱着が可能、光学機器搭載   

使用材料:ヒノキ、MDF、黒檀、ナラ、ナットM12、ステンレスネジ、
引バネ、真鍮丸棒、鬼目ナットM6、ローラーキャッチ etc…  

仕上げ:ラッカースプレーによるサンドカラー迷彩風塗装(ライトカーキー/ライトアンバー)


 

投稿者 ぷち : 21:46 | ゴム銃 作品集 |

いちばん上に戻る

2015年3月16日

ゴム銃大会の賞品を紹介します!


3/29(日)に滋賀県高島市の
安曇川公民館で開催される
第5回滋賀地区ゴム銃射撃大会の賞品が
全国の日本ゴム銃射撃協会のゴム銃作家さんより
多数、ご提供頂きました!



競技会に参加予定のメンバー提供の賞品は
当日のお楽しみ☆ですが、



ありがたい事に
すでに郵送で届いている賞品あるので
一部、紹介させて頂きます!


     ↓



     ↓


==================================================================



愛知県のフォレストさんより、競技対応の単発銃を!





東京都の遊日のガンマンさんより、こちらも競技対応の単発銃を!





石川県のマエカワさんより、連発銃&協会ロゴ入りのガムを!





愛知県のダボ爺さんより、連発銃&手作りゴム銃キットを!





北海道のボスさんより、手巻き式の大型ガトリング銃を!





そして私、滋賀県のぷちからは、連発銃(P21-TR10)を!


賞品をご提供頂きました会員のみなさま
いつもお世話になり本当にありがとうございます!
心から御礼申し上げます。


==================================================================

という感じでっ!
こーんな豪華な賞品を成績順で選んでゲットできちゃいます。
賞品以外にもゴム銃愛好家、珠玉のゴム銃を見て感じて、
実際に撃ったり、情報交換ができるのもゴム銃の競技会ならでは!





ぜひ御気軽にご来場下さい。
エントリーお待ちしておりまーす。


 

投稿者 ぷち : 19:22 | 今日の出来事 |

いちばん上に戻る

2015年3月10日

新作ゴム銃が完成

制作日数 11日。
名称『P22 - SCAR-G』スカー・ジーが本日完成しました。

完成したスカー・ジーを
どこの家庭にでもある一般的なサイズのゴム銃(ハンドガンタイプ)と並べると

でかっ!!!!! という迫力あるリアルな外観がGood!

大容量な連発銃なので精度は期待できませんが
25連発!セミオート&フルオートが切換え可能なスゴいやつなんですよ。


==3/18追記==

SCAR-G 紹介のページができました。
http://petit-rbgun-arms.com/blog/archives/2015_3_18_296.html


 
 

投稿者 ぷち : 20:45 | Model No.22 制作日記 |

いちばん上に戻る

2015年3月8日

ゴム銃制作日記  ー 型番P22制作10日目




ゴム銃制作日記
型番P22制作10日目の成果です。


今日の作業は仕上げの塗装です。
なんと デザートカラーの迷彩塗装に初挑戦!

正直、めちゃくちゃムズカシかったですね・・・。
どこまで塗って、どこまでボカすかなどの加減が分からず
やればやるほど イメージと離れていってしまう負のスパイラルに陥り
もうどうなる事かと思いましたが、

シンプルにいこ〜シンプルにいこ〜
と気持ちを切り替えて なんとかカラーリングが終了。

あとはツヤ消しクリアーを吹き付けていよいよ完成ですよ!

 

投稿者 ぷち : 18:40 | Model No.22 制作日記 |

いちばん上に戻る

2015年3月6日

ゴム銃制作日記  ー 型番P22制作9日目





ゴム銃制作日記
型番P22制作9日目の成果です。


今日の作業はペーパーがけを 延々と約3時間!
全長93cmの ロングで のっぽな プロポーションなので
仕上げには 相当な手間と労力が要求されます。

まずは #240で荒研ぎをして #400で仕上げ磨き。

いつもは #1000〜 場合によっては #2000まで磨きますが、
塗装仕上げにする場合、多少、表面が荒い方がそれっぽいのではないかと思い
現段階ではあえて 適当に磨いていっています。

まだ風は冷たいですが、日差しが随分と柔らかくなり
天気の良い日は屋外での作業も気持ちよくできるようになりました。

3/29(日)に うちの支部の主催で
第5回滋賀地区ゴム銃射撃大会 を開催しますので
それに間に合うよう、お披露目ができるように仕上げていこうと思います。


完成まで もう少しです!


 

投稿者 ぷち : 22:16 | Model No.22 制作日記 |

いちばん上に戻る

2015年3月1日

ゴム銃制作日記  ー 型番P22制作8日目




ゴム銃制作日記
型番P22制作8日目の成果です。


今日の作業でセミオートでの射撃が可能に!
ストックの付け根あたりを加工!
右側のスイッチ類を付けたった!
ダットサイトを搭載する用のマウントを取り付けた!

などなど、外観もほぼ出来上がり、
射撃の機能性やフィーリングに関わる微調整もほぼできました。

あとは、ペーパーで磨いて、塗装をしていよいよ完成!の予定ですが、
このまま木の質感を活かした仕上がりも捨てがたい・・・。

とか色々悩みながら楽しんでいます♪

 
 

投稿者 ぷち : 17:05 | Model No.22 制作日記 |

いちばん上に戻る