2013年1月25日

ちっちゃいピストル 単発式ゴム銃<





第8作目のゴム銃ができました!

今回は初めての単発式のゴム銃です。
前作のレーザーポインター装備のP7-レーザービームで
2月にある射撃会の公式競技を想定しての練習をはじめた所、
ものすごく致命的な問題がいくつか発生してしまいました。

特に 宙吊りの5円玉を撃つ コインペンドラム という競技では
ありすぎる威力が仇となり 一発当るとド派手に揺れて揺れてしまいます

そこで思いついたのは 
銃身をうんと短くしてコインに輪ゴムが当る最小限のパワーを・・・
という事で 輪ゴムをぐいんぐいんと伸ばして色々試してみた結果
銃身長は130mmぐらい あれば十分なのではないか。

あと、一発当って 揺れが少し収まる頃に次弾を打ち込め!
その間にリロードだ!という方がまぁ自然なので やっぱり単発式が有利。

という検証結果となりました。

あまり勝ち負けにこだわらず 楽しければいいんですけど
やっぱり やれる事はやっておきたい と思う訳ですよ







P8- CP special のネーミングは
その姿から ぷちの8作目 特製の(special)ちっちゃい(C)ぴすとる(P)
のそれぞれの頭文字を取ったもので 公式競技のコインペンドラムの為のという意味もあります

私の手にすっきり収まりそうな程のコンパクトな姿は
可愛らしく見えてしょうがありませんw

競技では子供もこの銃を使う予定なので 
握りも子供の手に合わせてコンパクトに仕上げてあります

何の木だか忘れましたが 今回はグリップにちょっとイイ木を使いました







P7-レーザービームと比較すると 同じようなデザインですが
非常にコンパクトなのがよく分かると思います







それでは内部構造を。

・・・・・。はじめての単発銃という事で 構造を考えながら
単純ですが ちょっと苦労した所が多々あり 中身はまったく美しい仕上がりではありません

トリガーと引くと 中通しになっているピンが 長細い制御棒を前に押す仕掛けで
輪ゴムの張力で くじら君みたいな回転翼が前におじぎします。

発射後は 勢い余って ピンが跳ね返り ほとんどの場合 元の位置に自動で復帰するウレシイ誤算

でもたまに復帰せず中途半端な位置のままの事があり
弱い引きバネをつけるかどうか考えたのですが 
自由な動きでストレスなく輪ゴムを飛ばしたいので やめておきました







そこで このP8-CP-sには AR-S という最新のシステムを搭載しています
小学一年もノールックで確実なリロードが可能な

あんしん(A)りろーど(R)しすてむ(S)  略して AR-S ・・・・。

台に置かれた輪ゴムを斜めカットの銃口で押さえて、
輪ゴムを持って、 くじら君のしっぽにタッチしつつ 輪ゴムを離せば
カチっと 確実 リロード完了です☆







あと、 お約束ですが 飾り台がなくとも自立する
PGTシステム  ピストル(P)自分で(G)立ちます(T)も標準装備です


これまで連発式に憧れていたんですが
単発式を作って遊んでみたら  

精度の高さ や  リロードして撃って リロードして撃って の繰り返しも
かなり奥が深い事に気が付き 他にも新発見がたくさんありました

連発銃もいいけどー 単発式も おもしろーい



名称:P8 CP-special
発射方式:瞬間解放式 単発
全長:200mm 銃身長:130mm 全高:148mm 全幅:30mm 重量:133g
装弾数:1発  適合装弾:オーバンド16番
材質:白木集成材、シナベニヤ板、アガチス、ネジ、押バネ、丸釘



投稿者 ぷち : 22:24 | ゴム銃 制作 |

いちばん上に戻る