2013年11月29日

仮組み

回転翼の穴あけは
近所のホームセンターに工作コーナーがあって
そこに設置してあるボール盤を
使わせてもらってます。

しかしボール盤という機械は
ただ穴をあけるだけなのに
なぜあんなに大きな図体なのか

と思っていたのですが

インパクトドライバーの先に
ドリルの刃をつけて 
ちゅいーんとやると
穴は簡単にあけられますが

板に対して垂直に
ゆがみなく正確に

というのはよほど運がよくない限り
不可能だという事に気が付き

垂直に穴をあけるというのは
やはり専用の機械でないと
無理だし手作業でがんばっても
ムダな時間を労力を費やすだけで

そう思うと あのムダに大きな図体の
電動ドリル、ボール盤の存在というのは
必要にしてああなのだと思い知らされます

穴あけ1つにしても奥深い・・・

ゴム銃制作には
垂直で正確な位置への穴あけがとても重要で
ゴム銃の精度そのものと言っても
まったく 過言 ではありません

という訳で 仮組み

もうこの上ないほど
スムーズに動作しております

いぇい♪

 

投稿者 ぷち : 22:04 | ゴム銃 制作 |

いちばん上に戻る