2013年10月9日

P15 - 200cpx





第15作目のゴム銃ができました!

今度のゴム銃は横がけのサイドフック式。
日本ゴム銃射撃協会の公式競技のコインペンドラム(CP)競技専用ハンドガンモデルです。

これまで競技に使用していたP9 - サイドワインダーの銃身長は150mm。
威力を少なくしてコインをあまり揺らさずに点数を稼ぐコンセプトでしたが
今回のP15 - 200cpxはその逆の発想で、銃身長を200mmと長めに設定し
一撃のHITでコインを大幅に揺らすエキスパートモデルです! (※ちなみに私は初心者です)


それではまずは内部構造を。









最近よく使う8mmのヒノキ角棒を使ったシアーをトリガーで押し出し
ホールドフックを瞬間解放する方式を横がけのモデルにも応用してみました。

他の材料の板厚は9mm。
動作状況は良好な仕上がりになっています









フロントサイト、リアサイト共に交換が可能になっており
リアサイトは 固定式とダットサイトの2タイプを状況と気分に応じて変更する事が可能になっています

次に、それぞれ ダットサイト搭載(おたのしみ)モード & 固定リアサイト(プロ)モード、外観です。









実際に競技を想定して、ダットサイトと固定式モードを試してみた所、
固定式モードの方が軽量で取り回しが良く個人的には好みの感じでした。

ただ、大型のダットサイトを搭載した時の ゴツい感じの見た目は
迫力があって すごく好みなんで捨てがたいのですが、(捨てませんけどっ!)
競技会では固定式のリアサイトで真面目に戦う事にしました。正式採用。











固定式リアサイトはこんな感じになっていてCPにしてはかなり精細な作りになっています。

輪ゴムが銃身の横から発射される為、コインの揺れている前後の位置によって、
微妙に左右方向への撃ち分けをするのが勝利のカギ! 
コインを揺らしたい場合、維持したい場合、止めたい場合にはコインから糸に付いている印までの間を
上下に撃ち分けると多少動きがコントロールできるので (狙いどおりいくかは別の話で・・・)
やはり精細な狙いは軽量な重量と合わせて 大きな武器 になります。


それでは最後に P15 - 200cpx 射撃の様子を動画でご覧下さい!












名称:P15 - 200cpx (ぴーいちごー にひゃく しーぴーえっくす)
発射方式:瞬間開放 単発式 (サイドフック)
<固定式リアサイト(プロ)モード時>
全長:300mm 銃身長:200mm 全高:165mm 全幅:38mm 重量:264g
装弾数:単発  適合装弾:オーバンド16番
材質:檜、白木集成材、アルミ板、黒檀、
   ステンレスネジ、真中ネジ、引バネ、押バネ、竹串、真鍮丸棒




投稿者 ぷち : 15:18 | ゴム銃 作品集 |

いちばん上に戻る